タグ: 属人区長の帰天

「属人区長の帰天」について、10箇所見つけました

ありがとう!

ハビエル・エチェバリーア司教の生前の姿をビデオ『パドレ、ありがとう』で紹介します。1994年から2016年までオプス・デイ属人区長を務めたエチェバリーア司教は、2人の聖人の後を引き継ぎ、福音の教えと教会への忠実について語り続けました。そして、「互いに愛し合いましょう。もっと愛し合いましょう」と繰り返し教えました。(5分)

故ハビエル・エチェバリーア司教の通夜と葬儀

故ハビエル・エチェバリーア司教の通夜と葬儀

教皇様は哀悼の意と祈りをお伝えくださいました。属人区長の遺体は平和の聖マリア教会(属人区長教会)に安置されます。葬儀は12月15日(木)19:00(ローマ時間)に、聖エウジェニオ大聖堂で執り行われます。

属人区長
オプス・デイ属人区長ハビエル・エチェバリーアの帰天

オプス・デイ属人区長ハビエル・エチェバリーアの帰天

オプス・デイ属人区長ハビエル・エチェバリーア司教は、12月12日(月)、グアダルーペの聖母の祝日の午後9時10分(イタリア時間)に帰天しました。エチェバリーア司教は、聖ホセマリア・エスクリバーの2代目の後継者でした。属人区長補佐フェルナンド・オカリスは、司教の亡くなる同じ日に病者の塗油を授けることができました。

属人区長